wifiレンタル会社の選び方|通信を快適にするためにも旅行をするなら中部国際空港でwifiレンタルをしよう

wifiルーターを借りるレンタル会社の選び方

wifiレンタル会社の選び方

ワイファイ

料金システム

wifiレンタル本体のレンタル料(通信料金とも呼ぶ)は1日の料金を表記しています。どんなに使っても使っていないくても1日のレンタル料は一律です。複数人で旅行するなら一台を割り勘して安くレンタル出来ますよね。受取手数料は各レンタル会社によって料金が異なります。手数料無しのキャンペーンや他サイト経由で申し込むと無料になることもあります。また、インターネットでレンタル料などを比較しているサイトご利用してみるのも賢明です。

受取・返却方法

受取・返却は空港で済ませるのがおすすめです。出発当日に受け取るのが心配でしたら宅配でも構いませんが、レンタル会社によっては返送の際に送料を負担しないといけないので、レンタル会社のホームページで返送料についてきちんと確かめておくことが必要です。また、決済方法がクレジットカードの場合は、カウンターに並ばずに返却ボックスに返すことも可能ですので、返却ボックスの有無も確認しておきましょう。

補償・オプション

wifiレンタル会社によって、故障や紛失の時に利用出来る補償パックがついています。元々ついているのかオプションとしてついているのか確認するようにしましょう。1日の300円ほどで補償をしてくれるので治安に少し不安を感じるところに旅行へ行かれる場合は入っておくのが良いでしょう。また、wifiルーター本体の充電器をレンタルすることもおすすめします。こちらもセットになってレンタルできる場合がありますので、レンタルの際に機器の確認もしておきましょう。

海外wifiレンタルにおすすめな人ランキング

no.1

友だちとグループ旅行をする方

一番におすすめなのが、複数人で海外旅行に行かれる方です。この場合は、中部国際空港やレンタル会社で1台のwifiルーターのレンタル料金を割り勘にしてひとり当たりにかかるコストを抑えることが出来ます。しかし、複数人でたくさん使ってしまうと通信に制限がかかる時があるので注意しましょう。

no.2

常に会社と連絡を取れるようにしたい方

プライベートで海外にきたければ、会社とこまめに連絡をとる必要がある方にもおすすめです。海外で旅行をする場合は長期休暇を取る場合がほとんどですので、最低限の業務連絡などはwifiルーターがあれば可能です。

no.3

頻繁にSNSに投稿する方

SNSに画像を投稿したり常にチェックしたい方は、特にwifiルーターをおすすめします。海外にはフリーwifiスポットもありますが、場所が限られていたり電波状況が不安定な場所もあります。いつでもSNSを見れるようにしたいのであれば、wifiルーターをレンタルしましょう。

no.4

英語に不安がある方

英語に自信がある方でしたら現地の方にすぐに聞いたりできますが、英語に不安がある方なら携帯で行きたい場所を調べたり、英語でどのように伝えるのかをインターネットを使って調べることが出来ます。

no.5

家族といつでも連絡を取れるようにしたい方

初めての海外旅行やひとりで旅行をする時などは不安を感じる方も多いでしょう。wifiルーターをレンタルすればSNSなどで家族と常に連絡を取ることも可能ですし、分からないことをインターネットで調べることが出来るので、少しでも不安を払拭することが出来ます。